健康的な世界観を広げる

Just another WordPress site

生活用品が大きなダメージに変わる?

普段の生活習慣を少し変えるだけでも健康につながることがわかっています。逆に、乱れた健康管理は大きなトラブルになる恐れがあるために、心がけなくてはいけませんね。ほんのちょっとしたことなんですが、どれだけのことを心がけようとするかが重要になるはずです。

その中で考えたいのが浮腫に対する生活環境の変え方です。
自分の平熱が何度が自分でわかっていますか?私自身はわかっていますが、平熱にも個人差があり37度あると、熱があると思う方もいるかもしれません。あくまでも個人差があると思いますが、理想的な健康体も維持するために体温は36.5度と理解しておくことでも全然変わってきます。

しかし、最低で平熱が35度以下となると、かなりバランスが悪くなる恐れがあるために気をつけなくてはいけません。冷えは万病の元と言われるように、体温が低いと体の免疫力が下がりやすくなります。

できれば36~36.5程度の体温が望ましくなります。
体温が下がった大きな理由としては、生活洋式の変化ですね。なぜ?たかが生活様式だろ?ッと思うかもしれませんが、冷蔵庫や洗濯機、扇風機、パソコンなど、当たり前のように使うことで、低体温減少が起こりやすくなります。

そして、低体温が起こることで、むくみにもつながると言われています。ほんの些細なことかもしれませんが、自分にとって何が必要なのかを改めてに、シッカリとしたケアを心がけていくことが重要になるかと思います。